墓じまいの流れ|手続きから墓石解体まで墓じまいをトータルサポート。墓じまいのことなら墓じまい110番

お見積り・ご相談無料!
0800-805-7863 24時間365日・日本全国受付中!

複雑な墓じまいをトータルサポート!

墓じまいの流れを簡単にご案内いたします。
お客様のご状況により流れは異なりますので、詳細はお電話でご相談させていただければ幸いです。

相談イメージ

STEP 1 遺骨の行き先を決め、祭祀継承権の確認

流れイメージ1

墓じまいを始める前に、祭祀継承権について相談しておきましょう。先に決めておかないと親族同士のトラブルが起きる原因となります。
祭祀継承権が決まったら、遺骨の移動先を決めていきます。墓じまいの主な理由は管理者がいなくなることですが、納骨堂などにお骨を納める場合、管理者を決める必要があります。

STEP 2 墓地管理者へ連絡

流れイメージ2

墓じまいをするには、お墓がある墓地管理者へ事前に連絡をする必要があります。多くの寺院などでは、離檀料をめぐってトラブルになることはほとんどありません。
墓じまいは少子高齢化による時代の流れとして、お寺としてもいたしかたがない部分もあるでしょう。ただ、お寺の経済事情もありますので、お寺とよく話し合い、決めることが大切です。

STEP 3 改葬許可申請をする

流れイメージ3

納骨堂などにお骨を移動させる場合には、墓地管轄の市区町村の役場で、「改葬許可申請」をする必要があります。役場で受け取った申請書を寺院に提出をします。
散骨やご自宅で供養される場合は、新たなお墓が必要ありませんので、役場に改葬許可申請を出す必要はありません。改葬届がなく、寺院で遺骨の撤去の許可が下りない場合は、改葬理由に「自宅で供養するため」とすれば良いです。

STEP 4 石材店を決める

流れイメージ4

一般的にお墓というのは、寺院から敷地を借りてお墓を建てています。墓じまいの際はお墓を解体・撤去し更地にして、寺院にお返しします。
墓石の撤去は石材店がおこなうので、業者を選んでおきましょう。敷地の狭い寺院などは、指定業者があるので事前確認が必要です。墓石撤去の費用は、平米いくらというお見積もりになります。撤去の費用は、墓地の面積や墓石の大きさ、クレーン車やトラックをとめることができるか、などによっても変わります。

STEP 5 遺骨を取り出してメンテナンス

流れイメージ5

お墓に納められているご遺骨は、石材店に取り出してもらいます。ご遺骨は、長年地中にあったため湿気を帯びてとけていたり、カビなどが生えていることがあります。そのため、新たな骨壺に入れ替えた後メンテナンスをします。
永代供養をする場合や、ご自宅で供養する場合などで、ご遺骨のメンテナンス方が変わってきます。

STEP 6 墓石を撤去し更地にする

流れイメージ6

最後に墓石を撤去して、更地にします。更地にしたら、寺院などの墓地管理者に永代使用権を返納します。これで墓じまいは完了です。
墓じまいは、長く続いた祖先のお墓を納得のいく形で墓じまいできることが大切です。墓じまい110番では、このように煩雑な墓じまいでお困りのお客様を、トータルサポートいたします。

先頭に戻る